ユニット印が便利!

  • RSS

印鑑は日常生活を送るうえで、色々なところに出てきます。
そして、印面がゴムで出来ているゴム印というのは、印鑑よりも手軽に使うことでき、価格も安いため、一般家庭でも使われることが多いのではないでしょうか。

例えば、住所スタンプですが住所や名前もしくは会社名、電話番号などが印字されたものがあります。
住所スタンプは年賀状や暑中見舞いなどのはがきに押されていることが多く、印刷されたものと比べると人の手が加えられているという点から温か味を感じられるものに仕上がります。
他にもゴム印の種類として、小切手ゴム印がありますが、これは名前の通り小切手に押すゴム印で、会社や個人が銀行に登録してある小切手を発行するときに使います。
さらに、ゴム印の種類の中でも一番使い勝手がいいと言われているものが親子ゴム印と呼ばれるものです。
これは、住所だけで一行、名前だけで一行というように何行にも分かれているもので、自由に組み合わせることができます。

こうしたものはユニット印とも呼ばれており、好きな部分だけ結合させ、用途によって使い分けることができるのです。
用途によってゴム印を作るのではなく、親子ゴム印が一つあるだけで賄えるので、とても優れたゴム印だと言えるでしょう。
ゴム印と聞くと、どうしてもすぐに壊れてしまうというイメージがあったり、スタンプ台のインクがいるので面倒だと思われてしまったりしますが、1つのゴム印を持つことによって、何種類ものゴム印に変化することができますので、収納場所にも困ることはなく、コスト削減に繋がるのではないでしょうか。

〔お役立ちサイトのご紹介〕
印鑑に迷っている方、いませんか? 印鑑・はんこの専門店《ハンコヤドットコム》では、
はんこの書体・サイズ・素材の選び方など、後悔しない印鑑の購入方法をアドバイス!

このページの先頭へ